2020年02月24日

~第六猟兵・PCメモ~

第六猟兵(https://tw6.jp/main)で使用中のキャラクター。


まだ仮、かつ蛇足です。
読む読まないはご自由にですし、参考にする義務もないのでゆるーく捉えてください。

わりと自分用の覚書でもあったりします。
あと名前元ネタとか聞くのも話すのも好きなので書いてます。

現在5名。



↓追記にて


◆ヒメル・ヴィーゼhttps://tw6.jp/character/status/f04279


『特別なにかあったわけでもない、普通の女の子』


出身:スペースシップワールド
名前:ドイツ語、Himmel(天・天国)+Wiese(草原)
絵姿:アトカ出身


普通に生きて、並の幸福も不幸も経験して、ぼんやりと夢を抱いていた女の子。
そんな私が、世界を股にかける猟兵に――!

本当ひねりなくそんな感じの子が、猟兵なんてとんでもなさそうなものになったら……みたいなPC。
夢も世界に合わせてのもの。


宿敵はいない。

真の姿は、可愛くない、非動物的なもの。




◆後藤・吉丁https://tw6.jp/character/status/f09119


『若き刃のためにある、老いた刀装具』


出身:サムライエンパイア
名前:刀装具関連の名家+玉虫の別表記。


刀そのものではなく、刀を飾ったり助けたりする刀装具。
主人公になるのはガラじゃないが、主人公を助けることはしたい。

彼女が主人公であろうとするのは、ある一振りの刀の前でだけ。

そんな感じのさっぱりしたおばさま、私的理想の先人。
なお、玉虫使った拵えなんかは実在してるよう。


宿敵は『ある一振りの刀』こと、元相棒、鬼成りの妖刀『□□□』。
(絵姿なし、未登録)

真の姿は、本来重ねるべきものを重ねていない、年若い姿。




◆葡萄原・聚楽https://tw6.jp/character/status/f10987


『命をかけて残された種。その価値があるもので在るために』


出身:UDCアース
名前:瞳の色から。葡萄の皮と肉の色、絶滅したと思われていたある品種。
絵姿:アトカ出身


黒猫のごとき、オッドアイの美少年(ただし実年齢は青年)
UDC自体も嫌いだが、なにより『UDC側の理不尽な理屈で喰われる』というのが嫌で、UDC組織や猟兵として活動している。

性格キツめな方ではあるし、自分はめっちゃ美少年と思っていると言うか自覚がある。
でも美に絶対はないし、優劣あるとも思ってないので、他の人に対抗するようなことはまずない。
美しくないと言われたら少し不機嫌になるかもしれないが、当たったりはしない。

両親が命を賭して残してくれた己は、それに見合う価値あるもので在りたいと思ってる。
なるべく嫌なヤツにならないでいようというのも、美少年だという自覚もその一部。
なので服や髪型は多少変えることはあるが、元の姿からあまりに離れるものは好まない。

両親にも間違いなく愛されてたし、保護した組織と施術者も結構善良な方だった。
施術者とは今でも定期検診などで顔を合わせるし、誕生日を祝い合うこともある。
話すことはないだろうが、彼の素直さは両親の思い出と施術者のおかげで保たれている面もある。


宿敵は二体。
強欲の傀儡『烏人形』と、強欲の人形『針鼠』。
(登録済み、詳細は別記事で)

真の姿は、己の誇る姿が見えなくなるもの。




◆メテオリテ・クルスタhttps://tw6.jp/character/status/f14154


『植物を愛する機械紳士、その愛は既にただ一人のための形』


出身:スペースシップワールド
名前:ラテン語、Meteorite(隕石)+Crusta(貝殻)


発想元は夢十夜、というかみっくみくの「夢一夜」なのでまず聴いてくれ。

紳士的に振る舞うマシン、普段も戦闘時も口調や振る舞いはあまり変わらない。
既に『彼女との出会い』により、変わりきって、そこから更に変わることがない。

今の自分を目覚めさせたのは彼女だったし、植物を愛する気持ちは彼女と過ごして知った。
顔文字を映す画面も、彼女ともっと話したいからと、後から付けてもらった。

その彼女との『再会の約束の為』に動いている。
約束のための星探しは、自分だけでは無理、船とそれを動かす人々が居なければ。
農業プラントで働くのは、植物好きなのもあるが、人々に必要な食料のため。
猟兵としても動くのは、恩があるのも確かだが、猟兵の存在は人々の心の支えとなりうるから。

会えないことはわかっている。
でも約束したから、彼女が残した種と『彼女を連れて』星を探す。
約束を果たしても、彼女の側に居るつもり。
墓標になるまで。


宿敵は『星を探すことだけ覚えている、約束した彼女』だが、本人は手元に居るので宿敵は本人ではない判定で躊躇いなく殺せる。
(絵姿なし、未登録)

真の姿は未定。




◆デュラン・ダグラスhttps://tw6.jp/character/status/f16745


『元ヴィラン、元人間。今は格好いいヒーローでありたいドラゴン』


出身:ヒーローズアース
名前:頭文字をドラゴンのDで揃える。Dracaena(竜血樹)+Durand・Douglas
絵姿:アトカ出身


元ヴィランの現ヒーロー、好きなものはお酒と子供の笑顔。
どシンプル、でも一応その思考に至るまでのルートはおおまかにだがある、つもり。

子供の頃から押さえつけられていたため自我が上手く動いてなく、洗脳されやすい状態で売られたり変異・改造されたりでヴィランとして生きることになった。
「ジャスティス・ウォー」の影響で組織が壊滅状態、自身もボロボロ、だが洗脳も緩んだ状態の時に転機が。
偶然デュランを見つけた子供が、一瓶の麦酒(ビール)を渡した。

そこから一騒動。
その子供も親に虐げられてたのでとっさに助けようとしたり、偶然そこで会ったヒーロー、のちの恩人と共闘したり、なんやかんやで子供保護ついでにデュランも保護されることになったり。
暫くは子供らとの交流を継続しつつ、恩人の支援もあり緩やかに生活していたが。
最終的に、その恩人が後見人になるということで自身もヒーロー『ドラセナドラゴン』としての活動を許された。

なお恩人は火関連の能力を持つヒーローだったが、故人となっている。
ある事件で洗脳を受け、子供を殺しそうになった際に『ドラセナドラゴン』が手を下した。
万が一の際にはお互いそうすると、約束も覚悟もしていた。

肉を斬らせて骨を断つ系なので激痛耐性持ち、雷で育つ植物もあるので電撃耐性も。
ヴィラン時代も遊びで燃やされかけたりとかしてたので、実はあまり火が好きじゃないし、肉体的にも相性が悪いので火耐性は無い。

余談だが麦酒の子供とは未だに交流があるし、その子が結婚したときにはめちゃくちゃ嬉し泣きした。
他にも子供との交流でめちゃくちゃほのぼのネタが多い。
木登りの木代わりされたとか、もらった花冠が頭に根付きかけたとか。


宿敵は『己を改造したヴィラン』と『恩人のヒーロー』
(ヴィランのみ絵姿あり+登録済、詳細は別記事で)

真の姿は植物の竜、人に戻ることは絶対に無い。
【関連する記事】
posted by □味 at 22:55| Comment(0) | 第六猟兵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。